ゴルフⅢとポロとの時間 『目指せkazuo先輩』
ゴルフⅢの記事 6Rポロの記事  06年-8月開設
マウント交換 完了
マウントの交換は 完了しました 結果ですが振動は減ってません
でも マウントがしっかりしている為か 変速ショックも減り アクセルワークがすごく良くなりました

じゃあDレンジでの振動は何が原因なのか
後 原因としては オイルの劣化 後ろ側のマウントの劣化ぐらいですね

とりあえずオイル交換して 変化なしなら 後ろ側のマウントの交換してみます
これで変化なしなら もうお手上げです

スポンサーサイト
GTI用エンジンマウント 到着
マイレ製 GTI用エンジンマウント 到着しました
価格 送料込み8400円
ゴム質は 感じも良く 固めですね マウントに開いてる穴も 少し小さめになってます
このあたりが GLI用と違うのかな~ 作りもしっかりしてますよ

因みに CLIの車重 1110キロ GTIの車重1200キロ
約100キロの差です マウントの作りも さぞかししっかりしている事でしょう~
取り付けが楽しみです

P1000075_20111027023913.jpg
またしても エンジンマウント
ここ最近 又エンジンが温まるまで振動が多く原因追求していたら
又エンジンマウントにトラブルです 今年5月に購入したレムホルダーのマウントが 潰れてます
5000キロ走行で潰れるなんてありえない だめもとで 購入先の パーツ相模さんに連絡入れますと
返金対応してくれました ちょっとほっとしてます

今回も マウントの件など 楽屋さんに色々メールで相談しました やっぱり あのお方(木下店長)はすごいです
いつも 納得いく説明をわかりやすく さくっと授けてくれます 自慢げに話すわけでもなく 嫌味無く 教えてくれます やっぱり 真に仕事ができる人は違うって感じですね
お店はとても良いのですが いつも車の整備が一杯で なかなか車を預けれないのが 難点ですが(笑)
そんな時の為に 軽整備を担当してくれる工場が僕には一ついります その第一候補が カーライフサポート相楽自動車さんです この2店で僕の車をバックアップしてもらおうと思ってます

ちょっと話はそれましたが やはりエンジンマウントはできる限り 純正品が良いという結果がでました 楽屋さんでも社外のエンジンマウントではトラブル多いと聞きました 同じゴムなのに なんでそんなに違うのか不思議で仕方ない 僕の憶測ですが 社外品のエンジンマウントの質が悪いのではなく 日本仕様のゴルフに合わないのかなと思うんです 日本仕様のゴルフは エアコンが付いていたり 電動ファンが2個になってたりと 重量面でも重たいはず しかも外気温が高いためエンジンルームの温度も高い よってマウントのへたりが早いのではないか
 純正のマウントは日本仕様に設計されているのではないか そう思ってしまうのです

という事で 今回は マイレ製 GTI用のマウントを購入予定 これで強化なるかな?
又 お試しです これで無理なら 素直に純正品買います
素直に純正買えよって思わないでくださいね(笑)


写真左のマウントは PBO製のマウントで4万キロ使った物
写真右のマウントはレムホルダー製5000キロ使った物
5000キロ走行でゴム部分これだけ潰れてたら駄目でしょ(笑)
P1000071.jpg


オベロン エンジンオイルに添加
オベロン エンジンオイルに添加してみました 100ミリ注入
結果ですが 何も変わりません(笑) エンジン音少し静かになったような気もしますが 気のせいでしょうね

やはりATの方が効果体感しやすいようですね
タイロッド ラックブーツ交換完了
タイロッド ラックブーツ交換完了しました
結局 お世話になった工場は カーライフサポートさんです
僕の家から近いのでお願いしました 
工賃は トーイン調整込みで一万円代前半のお値段 これはかなり安い 今の所 最安値ですね
詳細な金額書くと他店に迷惑掛かると思い 具体的な値段は書きませんでした(笑)

整備士さんもしっかりしていますし 安心してお任せできそうです
ワーゲンの整備はどの程度できるか未知数ですが 結構深い所まで出来そうな感じです

このお店の気に入った所は 僕の家から近い 家から歩いて30分ぐらいの場所
これなら代車借りなくても家まで帰れます
それと 整備料金が良心的です もっとオープンな工場にしたいと頑張っている工場です
実際 工賃なども 不透明な請求は無く 明瞭会計です

タイロッドの交換後 走りは劇的に変わりました ステアリングのガタも無くなり 安定して走れます
直進安定性が抜群によくなりました

外した部品は持ち帰りましたが ジョイント部はガタガタでした(笑) 
今にも外れそうなぐらいにガタでてました 良くこんな状態で乗っていたものです(笑)

P1000068.jpg
P1000069.jpg
パワーウインドー修理完了
パワーウインドー修理完了しました
今回 買った部品は5000円だし安いから社外品と思ってました
送られてきた部品見て ビックリ中古でした(笑) しかもVWのマークないので社外品かも
ちょっとテンション下がりましたが 部品自体はかなり綺麗で 新品に近い状態なんで 納得はしました
VWBISさんで買うとき 時々こんなミスがお店側に有ります 購入する時は新品が欲しいと言うのが無難かもね

さてさて 今回購入した部品 レギュレーターは元々故障多い部品ですが
取り付ける前に補強をしてやると 2倍以上長持ちします 
一番壊れやすい部品は この窓ガラスを持ち上げる部品 ここがワイヤーから外れて壊れます 壊れないよう針金で補強すれば ばっちりです
なんでこんなに壊れるの?って話ですが わざと作りを簡単にして手などを挟んだときの安全対策とメーカーは言ってるようですが こんなんいい訳でしょ どう考えてもね~


P1000065.jpg

この箇所を針金で補強します
P1000066_20111017004407.jpg
パワーウインドー故障
久しぶりにパワーウインドー壊れました(笑)右後ろ側です 
いつも良く壊れる所は補強してあるので なぜ壊れたのかと思い分解しましたら
ローラーが割れてました 流石にここは直せません
補強していたので約10年は壊れる事なく持った感じですね

早速 部品調達 VWBISで5000円 多分価格からして社外品ですね 品質がちょっと心配(笑)
P1000060_20111011021211.jpg
ラックブーツ 交換見積もり
工場の工賃は お店によってかなり差が有りますよね
各 整備工場で 時間当たりの工賃を設定しているそうです
一般的な 町の整備工場は時間当たり6000円 ディーラで8000円が相場だそうです(日本車の場合)

ですから 安い整備工場探す場合は 時間当たりの工賃をお店に聞くと良いと思います
聞いて答えてくれない工場なら 正直良いお店では無いと思います
最近は 整備工場も かなりオープンになりました 持込での対応してくれるお店も増えました
これは 時代の流れですね 流れに歯向かうお店は 先は見えているように思います
100円ショツプで何でも手に入るような時代 なかなか 商売人は 厳しい立場に立たされていますよね
どうやって お客を取るか どの業種も 大変苦労していると思います 

僕みたいに 何でも書くブログは嫌われるでしょうね(笑)
でもこれも時代の流れです(笑)

今回 ラックブーツの交換に辺り 又 色々と見積もり取りました
見積もりだけ取って 逃げてしまい ゴメンナサイ でも どのお店も一度は行ってみたい
行くつもりではいます~

まず ワーゲンのショップ ベストインポートサービスさんで工賃聞きました ラックブーツ交換は片側3000円×2=6000円 トーイン調整3000円 合計9000円でした 

ミナミモータースさん 外車の整備得意なお店 ここは時間工賃9000円 片側の交換の工賃しか聞かなかったんですが 片側なら9000円でやりますとの事

オートアクティブさん 外車の整備ではバリバリの店 ここは トーイン調整込み15000円

カーライフサポートさん 外車の整備も出来るお店の様です 片側交換4000円×2=8000円 トーイン調整4000円
合計12000円 このお店が 今の所一番安い 大阪は土地代も高いから? 地方と比べると工賃は高い傾向にありますね 

今回は タイロッドの交換もお願いするので 何処のお店にするかは まだ決定はしてないですが
技術と工賃のバランスの良いお店をチョイスしたいと思います~
これは 事件です オベロン素晴らしい
オベロンa620をATに200m添加してみました 
結果からですが 劇的に変化しましたシフトショックもかなり減り シフトアップはスムーズ 滑っては無かったですが シフトタイミングの遅れみたいなのも改善 アクセルに力強さが戻りました
最近はクリープ現象で車が前に進みにくかったんですが これも解決です
新車時のゴルフ3を思い出すほどの変化です

スゴイ!スゴイわ 私こんなの初めてっ←(決して下ネタではありません笑) それほどの衝撃です

僕のゴルフは現在102000キロ走行 約5万キロ走行時にATF交換しただけです
その時の印象はオイル交換しても効果ないな~って感じでした
ですからATF交換は 基本無しで乗るつもりにしてました
ですが この添加剤にめぐり合い注入 

エンジンオイルにも100ミリ注入してみたいと思います
結果は又 書きますね

この添加剤の添加量は2~5%が適量らしいので ATに200m エンジンオイルに100ミリとしました
確かATFは全量で8ℓぐらい入ったと思いますので~
ATはデリケートなんで添加しすぎると まずいので 全体の5%入れる場合は ATFの抜き取りも必要でしょう

ゴルフのATは 前期と後期では積んでいるミツション違います しかも後期の01M型ATの中でも前期と後期が有ります 
01M型ATの前期モデルは非常にデリケートらしく ATFもワーゲン自社製です
01M型ATの後期モデルは ATFは一般的な規格の物です
僕はワーゲン自社製ATFの問題で 01M型ATの前期モデルはトラブル多いのかなって思ったりしてます

因みに01M型ATの前期モデルの 生産年月日は 95年1月から98年8月までらしい このATに関しては 添加剤を入れると逆にトラブルを起す可能性は高いかもしれません 
元々添加剤的なものは 一種のカケですよね(笑)
調子の良いATには入れないほうが良いかもしれませんね

ATの不調には2種類ありまして ATが温まると調子が良い場合は 大抵オイルが減っています 補充で直ることが多い しかし漏れの箇所は追求しないといけません

温まっても ATの不調には変わらない場合 ATFの劣化だと思います その場合 交換するのが良いのか 添加剤入れるのが良いのか 分かれ道ですね
ATのシフトショックが出る原因は オイルの劣化で 油圧 オイル粘度の低下とかが原因だと思います
ATは 油圧でショックを封じ込めている様な構造だと思います

ですからATの添加剤は 油圧を上げる様な成分が入っているだけの単純な物かと思います
でも 相性があって 変な物を入れると 逆にATの故障に繋がったりする可能性は高いですね

オベロンの製品はどれだけ品質が良いのか 詳しくは知りませんが 僕のデリケートなAT 01Mにも使えたので
良い品だとは 思います

ただ一つ難点が~ このオイル 非常に粘度が高い 水あめみたいに硬い 硬すぎですよ
100度のお湯で5分湯煎して 注入しましたが それでも硬い なんやかんやで1時間掛かりましたよ
200m添加するだけで~


僕はホ-ムセンターの オイル差しを買いに良き 加工して入れました
P1000058_20111009133823.jpg

オベロンを絶賛するページ
http://carsuta.livedoor.biz/archives/50928481.html
オベロン a620
ネットサーフィンしていたら こんな品発見
エンジンオイルとATオイルの添加剤 オベロン a620

ATのすべりにも抜群の効果らしい
ちょっと 興味が出てきて 買ってみました

アイドリング時の振動対策に
エンジンオイルとATオイルに添加してみようと思います

効果出るかな~
a620_100mix2h400.jpg

購入先
http://item.rakuten.co.jp/omc-japan/add_a620-k100x2