ゴルフⅢとポロとの時間 『目指せkazuo先輩』
ゴルフⅢの記事 6Rポロの記事  06年-8月開設
マルチファンクションスイッチからATF漏れ
マルチファンクションスイッチからATF漏れしてるの発見

写真12番の部品の所からオイル漏れ
P1020547.jpg

部品を外してみると Oリングが劣化してる感じです とりあえず液体ガスケットで ごまかし修理しときました(笑

P1020548.jpg



スポンサーサイト
ATF交換完了
本日 ATF交換完了です

まず交換後の感想ですが シフトショツクは結構減りました シフトアップの時も軟らかくシフトするような感じで 上品な感じになりました 加速する時の感覚も良くなりましたし 加速音が少し静かになりました

ATFは3リットル交換しましたが 一度に吸い上げたATFは1.4リットル程度だったんです
ですら2回に分けて交換 一度目のATF交換後10分ほど走り その後また1.4リットル抜いて補充と言うやり方にしました ロス分を考えて200ミリ多く入れて 3リットル使い切りました
ATF交換前に暖気しましたが 特に必要は無いと思いました

一回目のオイル交換時にすでに シフトショックも減り交換後の体感はできました 2回目の交換では更に良くなると思い期待しましたが さほど変わりませんでした 1.4リットル程度の交換でも かなり印象が変わるのに驚きました

これが新旧ATF比較
P1020542.jpg

これが 一回目交換のATFと2回目交換のATFの写真 
左が一回目 右が二回目
写真では分かりにくいですが 二回目交換のものは真っ黒ではなく 少し黒さは抑えられてます
ATFの粘度感は 一回目のATFが粘度は高くドロドロでした 2回目のATFは色は黒いですがATF粘度は 新油と同じようにさらっとした粘度でした 色が黒いだけって感じです
古いATFには鉄粉等は混じって無かったです
P1020543.jpg

ATFの交換は上抜き方ですが 手動ポンプのオイル吸い込みチューブを入れるとき 何かに当たり スムーズには入らなく 少しだけ手間がかかりました もう少し細いチューブが良いのかもね

ATFの注入口は 赤色のロックキャップが付いてます これを外すと 中に栓があります
赤色のロックキャップは 精密ドライバーのマイナスで横からロック解除すれば外れます うまく外せれば再使用できます もし壊してしまっても 中栓が外れないよう ビニールテープでも巻いておけば とりあえずOKです
中栓にもツメが有って 外れにくい構造ですしね

P1020541.jpg

P1020540.jpg


新しいATFの注入には 自作の製品が活躍(笑
105円のジョウゴに 灯油を吸うポンプの蛇腹側のホースを結束バンドで取り付けただけ 
灯油のポンプは68円でホームセンターで購入
ジョウゴも蛇腹側のホースは基本使い捨てです 次回使う時に ゴミ等入れてしまうと まずいですからね 
ジョウゴはエンジンオイル交換のときには使うかな~
ATはデリケートですからね
P1020546.jpg

今回 交換してみて ほんとに良かったです 作業的には2時間かかってないです
費用は7000千円以下で収まってますしね
次回の交換は4万キロ後に考えてます それまで乗っているかな~ なんてね(笑

あくまで素人の自己満足交換なんで 自己責任でヨロシク
ATF交換について
ATF交換には色々と言われてますが それほど気にしなくても良い様に思ってきました
交換無しで走行距離が伸びてる車のATFの交換は良くないと言いますが
それも全てに当てはまる事では無いようです 確かに多走行のATFの交換をするとATが滑ったということは有るみたいですが
そんなATなら いずれは 故障してただけの話で ATFの交換で故障時期が若干早まっただけのようです

ATFを交換する時の注意点を守れば故障のリスクは激減するようです
まずATFはできる限り純正品にこだわる事 その理由は ATとATFは 開発段階から決まっているらしい 
だから相性も有る 違う規格 違うメーカーの物を入れるのは よくないと言う事にるみたい

ですから オートバックスなどで純正品を使わな交換はトラブルの元です

それとATF交換は できればフィルターの交換とオイルパンの清掃を同時にする事
フィルターの交換を長期放置すると フィルーターの機能が果たせず 金属分などが循環した状態になるためです
そんなオイルの交換にはリスクは伴うという話もあります


他にはオイルの量を間違わない ゴミ等を入れないよう気をつけることぐらいです


今回は7万キロぐらい無交換での交換ですし 多少のリスクは有るかなとも思ったりしますが
多分大丈夫でしょう(笑

4万キロぐらいでの定期交換をしていればこんな悩みは無かったと思いますけどね

今回の交換方法は上抜き方 ATF注入口の赤色のロックキャップを外して そこから ポンプで吸い出す方法
使うポンプは エンジンオイルの吸出しに使う手動ポンプです
単純に抜いて 同量のATFを注入するだけです ロスの分を考えて100ミリぐらいは多めに入れるつもりです

交換する前は 水温90度になるまで暖気して その後 交換作業に入る予定

ATF補充後は ATFを馴染ませるために 少し長めにアイドリングして 各ギアにシフトを入れて問題ないかチェック その後 軽く走行して ATFを馴染ませようと思ってます

とりあえずこんな感じ 又 作業中のレポは するつもりですが 年末で忙しい為 適当になる可能性大(笑 
お許しを~  ポイントは押さえるつもりなんで ヨロシク


最後になりましたが ATFの交換理由は 最近 変速ショックも多くなってきた為です


でも あくまでも自己責任でね ATはデリケートですからね



純正ATF購入
純正ATFオークションで買いました 1L1980円 3L買いました

思うところが有って 自分で上抜き方で交換してみようと思ってます

過去に5万キロ時に一度交換したのみです
現在の距離は約12万キロ

色々調べた結果 交換方法を間違わなければ ミッションが壊れる事もなさそうです
でも あくまでも自己責任でね
P1020539.jpg
復活 アイドリング絶好調
スロットルバルブポジショナー交換で アイドリングバッチリ安定してます
良かった~ やっと悩み解決^ω^

P1011167_20101128231236s_20121224220853.jpg

P1020285s_20121224220854.jpg

画像は 過去記事の使いまわし(笑
スロットルバルブポジショナー 到着
やっと手にできました スロットルバルブポジショナー^ω^

P1020536.jpg

P1020537.jpg

これを交換したら アイドリングばっちり安定するはず

色々調べたら ゴルフ3 CLI 1.8リッターエンジンのゴルフの場合 アイドリング不安定を起こすパーツとして
は 今回の部品か 中間フランジが 劣化している場合が大半のようです
みなさん 用チェックですよ

中間フランジ
ダウンロード


因みに このスロットルポジショナー 6Nポロ プジョー106 シトロエンにも使われているらしいです
選挙
前から思っているけど
ネットでの投票ができる様にならないのかな~ ネットでの投票ができる様になれば 投票率は上がるよね?

若い人の投票率は増えるよね その若い人の投票率が増えると 今まで当選しなかった議員が当選するよね?
そうなると いままで当選してたおじいちゃん議員が落選する 結局それが嫌だから 困るから ネット投票にならないんじゃないの? そう思うのは僕だけ?

学校とかに投票場作って 公務員を休日出勤させる 色んな所で無駄なお金がかかるよね?
ネット投票になると 経費は減るよね 潤ってた人が減るからネット投票は いまだにならないのかな?

良く会社で この政党に入れたってやと 上司から言われたりする でも入れる気ないから ハイと返事だけしてる僕である(笑 
でも 僕がちゃんと投票所に行ってるかなどは 投票所近くで監視してるみたいです(笑
ネット投票ならそんな監視もされないよね~

やっぱり日本は変だ おかしい所だらけだ こんなんじゃいつまでたっても 日本は変わらないよね
そう思うのは僕だけかな~ 


オイル交換完了
エンジンオイルの交換しました
買い置きしてあった カストロールDCターボ10w-30とオイル添加剤 オイルトリートメント(粘土指数向上剤)とパワーミルク入れました 

交換時の距離 118200キロ也
京都 冬蛍 見に行ってきた
京都丹波町の イルミネーション見てきました
きれいやったで~
P1020525.jpg

P1020526.jpg

携帯の写真です~
フェードレーシングDS2500 交換しました
ブレーキパッド フェードレーシングDS2500交換しました
やっぱり 効きますね キュッと止まります 流石セミメタルのブレーキパッド
良く効く代わりに ブレーキダストとローターの磨耗は避けられませんが(笑

でも納得のいくブレーキ感覚手に入れました^ω^
スロットルバルブポジショナー 入手できそう
色んな店に問い合わせするも 中古部品はありませんでした

しかし良くお世話になる KAZUMI NISHIHARAさんのお店に問い合わせすると 海外から取り寄せてもらえる事になりました とりあえず一安心
早ければ今月末に仕入れる事ができるそうです

いま現在のゴルフの状態ですが エンジンが温まるまで アイドリングはめちゃくちゃです 3000回転になる時もあれば2000回転になる時もあります そのまま走ると アクセル踏まなくても 40キロぐらいのスピードでます(笑
楽チンですよ(笑 でも危ないよね ブレーキもしっかり踏んでないと すぐ走り出しそうになります(笑
でもエンジンが温まり30分もすると問題はなくなります 不思議~

壊してしまったかも(笑 
ここ最近 また アイドリング不安定になってました 現象は エンジン始動時に 回転数が上がり 3000回転ぐらいまでいきます 信号待ちでも 急にエンジン吹かしたみたいになります 前の車を あおってるみたいになって すごくドキドキしてました(笑

色々調べても いまいち分からない感じでしたが どうも スロットルバルブポジショナーと言う部品があやしいのではと思い 外してみました 以前にもここを疑って 外してます
この部品 ボッシュ製で パーツ番号は048133031です 純正で5万以上するらしい 社外品もなさそうです


ま~部品は外したのですが 僕の悪い癖で 部品を分解してみる事に(笑

これが分解画像
P1020522.jpg

P1020523.jpg

中身を見るとギアはかなり磨耗してます プラスチックの粉末が大量に出てきました 一応清掃して ギアにシリコングリス塗りました そして組み付けて エンジン始動 

結果は最悪~
この部品を分解することによって 更にアイドリングおかしくなりました(笑
アイドリング3000回転から下がらなくなった これは笑い事じゃない
まじやばい どないしよう 中古でもいいから部品探さないと~
でもこの部品がおかしいと言うことは 分解して分かりましたから 分解してみよかったかなと思ってます(笑


この部品は モーターでギアを動かし スロットルの開閉を制御してるみたいですね