ゴルフⅢとポロとの時間 『目指せkazuo先輩』
ゴルフⅢの記事 6Rポロの記事  06年-8月開設
エンペラーバッテリー購入
エンペラーと言う 怪しい名の 低価格バッテリー購入してみました(笑
価格6500円 

ポロのバッテリーは 標準では バルタの51Ahのバッテリーが標準装備なんですが
ボッシュの型番では PSIN-5Kになります なぜか容量44Aになります
その44Ahのバッテリーと同じサイズの物で 他のメーカーで検索して よさげなメーカーがこのエンペラーバッテリーです

因みに ポロには年式で62Ah のバッテリーを搭載するモデルもありますから どっちを買っても良かったんですが
62Ahのバッテリーならサイズが大きいので カバーが合いません
ですから 今回は 容量ダウンになりますが(笑 44Ahのバッテリーにしてみました~
1.2リッターエンジンですし 44Ahバッテリーでも十分でしょ(^^♪
大阪は 寒冷地違うし 特に問題ないでしょう(^^♪

title3.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バッテリー
わたしのゴルフ3ディーゼルには2014年の12月より66Ahのリチウムイオン電池を載せてどのくらいもつかテスト中です。 DIN仕様鉛電池の高さも幅も異なるため、古い鉛電池を半分に切断してケースだけを流用し、リチウムイオン電池の外装に固定し搭載しています。
2016/08/24(水) 07:31:49 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
和田さんは リチュウムイオンバッテリーで軽量化してますもんね~ 鉛のバッテリーはかなり重たいですもんね 僕のエンペラーバッテリーどれぐらい持ちますかね(笑) おそらく韓国製と思います(笑) 韓国のバッテリーはラベル変えて色んなメーカーに化けてるだけですから(笑) 元は同じです(笑)
2016/08/24(水) 14:27:34 | URL | 和田さんへ #-[ 編集]
サイクル数
リチウムイオン電池はバッテリーの重さよりも充放電のサイクル数(2000サイクル)と低温時の始動性で選んでみましたが、本当に寿命が長いのかテスト中です。 今わかっていることは、車のオルタネーターではあまり充電できないため、月に1度まとめて通常の充電器で充電してやらないとバッテリーが上がってしまうことです。
2016/08/24(水) 22:18:10 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
和田さんへ
そうだったんですね 充電のスピードが遅いってことですね 月に一度の充電は少し面倒ですね...
2016/08/25(木) 02:11:17 | URL | shinji1348 #-[ 編集]
充電
充電のスピードではなく、自動車で使われている充電の閾値がリチウムイオン電池に適していないのではと思っているところです。  普通の鉛バッテリー用充電器でリチウムイオン電池を充電した場合、完全に上がっていても5分未満の充電時間でディーゼルエンジンが1発でかかりますので、リチウムイオン電池の内部抵抗が低い分大電流が流れすぐに充電されてしまいます。 そのかわり、充電器のDC側に流れる電流は半端ではなく、端子を接続させるときに大きなスパークが飛びますので、このスパークの大きさから充電がどのくらい済んだかがわかるようになりました。  もう少しオルタネーターからの充電方法を見直してみます。  なお、月に1度の充電ですが、週に2~3回電気自動車の i-MiEVに200Vで充電していますので、そのついでに100Vでリチウムイオン電池に充電していますので、それほど面倒ではありません。  月に1度の充電から逆算しますと2000サイクルもつのでしたら、約160年間使用可能ということになるのかな???
2016/08/25(木) 06:55:48 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
和田さんへ
大電流を取り出せるのは魅力的ですね~
それなら オルタネーターでは充電しきれないですね 和田さんは電気自動車お乗りですもんね~ それなら苦にならないですね(^^♪ 
2016/08/27(土) 02:36:12 | URL | shinji1348 #-[ 編集]
オルタネーター
ゴルフディーゼルに載せているリチウムイオン電池が1か月で上がってしまう原因を調べるためにエンジンをかけながらキルスイッチを使ってバッテリーの接続を遮断し電圧を測ってみました。  遮断後オルタネーター側電圧 13.0V リチウムイオン電池側 13.0Vでボルテージレギュレーターの設定電圧14Vに対して低い上、どちらも同じ電圧で充電ができていないことが判明。  ちなみに充電に使っている充電器は負荷なしで15.0V。  とりあえず22年間使ったオルタネーターをリビルト品に交換すべく探しているところです。  他にいろいろ調べた結果、リチウムイオン電池には電池保護のために静電ボタンがあり、電池が上がってもこのボタンに軽くタッチするだけでエンジンスタートくらいの電力は解放するそうで、ちょうどジャンプスターターのような役目をすることが分かりました。 購入当時から変わったデザインの丸い10円玉みたいな飾りがリチウムイオン電池の真ん中にあることが気になっていましたが、そんな機能があることは今回初めてわかりました。  これもshinjiさんのおかげです。
2016/08/28(日) 18:04:50 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
和田さんへ
同じ電圧なら流石に 充電は不可能ですよね オルタネーターの故障が発見できてよかったです(^^♪ 
静電ボタンなんて すごい機能ですね~
これはあると とても便利ですね(^^♪
2016/08/29(月) 02:09:31 | URL | shinji1348 #-[ 編集]
ゴルフ3のオルタネーター
オルタネーターのボルテージレギュレーターをさっそく交換してみました。 Before オルタネーター13.0V リチウムイオン電池 13.0 V 等電圧で充電できず。 → After オルタネーター 14.5V リチウムイオン電池 13.2V (定格電圧)  これで一応治りましたがバッテリーが上がらないか様子見です。 オルタネーターのボルテージレギュレーターが劣化している点につき、1年ほど前からVWと三菱のディーラーで電圧を測ってもらったりして原因調査してもらっていましたが、いずれも問題なしとの回答で解決できませんでしたが、今回shinjiさんがバッテリーを買い換えたおかげで原因が特定でき5千円で修理ができました。 ありがたい限りです。  謝謝合作!!!
2016/09/01(木) 20:43:06 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
和田さんへ
いえ どういたしまして(^^♪
電圧14.5Vなら充電してくれますね(^^♪
原因わかって 良かったです(^^)/
2016/09/04(日) 12:59:28 | URL | shinji1348 #-[ 編集]
操作ボタン表示ランプのLED化
オルタネーターが治ったら次は気になっていたゴルフ3のエアコン操作スイッチの表示ランプの断線です。 予備のスイッチも麦球が断線していましたので、予備のスイッチから青色LEDの部分を外して麦球のかわりに半田付けして治してしまいました。 LEDですので断線する恐れがなく一安心です。  次はエアコン調整ダイヤル周囲の表示ランプが切れていますので、これもLED化しようかと考えています。
2016/09/18(日) 06:16:00 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
和田さんへ
ledは小電力で 球切れの心配もなくいいですよね(^^♪ 
僕も ゴルフ3の時 どこの場所だったか忘れましたが led化しましたよ(^^)/
2016/09/22(木) 02:34:34 | URL | shinji1348 #-[ 編集]
冠水対策
最近は豪雨が多く、冠水したところを通過しようとして立ち往生している車をTVニュースでよく見かけますね。 水溜りに入ってミッションが急冷されると中の空気が収縮しブリーザーから水を吸い込み、ミッション内で潤滑油と混ざってえらいことになるそうです。  うちのゴルフ3も冠水対策の一歩として低い位置にあるMTミッションのブリーザーから水を吸い込まないようにホースを付けてブリーザーの位置を上げようとしています。 
2016/10/01(土) 06:46:18 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
MTミッションのブリーザー取り付け位置変更
MTミッションのブリーザーについているキャップを外し、余っている洗濯機の水道接続ホースを取り付けて、冷却水の入ってるボールの位置までホースを立ち上げて口からゴミが入らないように下向きに取り付けて取り付け完了。  次は吸気口の位置をどうするか検討中です。
2016/10/02(日) 10:36:59 | URL | 和田 #gVm.htGw[ 編集]
和田さんへ
確かに 急な集中豪富怖いですよね
そのチューラング ナイスですね(^^♪

冷却水リザーブタンクあたりまで ホース持って来れば安心ですね✌
2016/10/06(木) 12:38:38 | URL | shinji1348 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji1348.blog59.fc2.com/tb.php/913-bd7657ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック